real estate

外部に任せる

管理組合はマンション管理会社に委託する

building

分譲マンションの購入者は共用部分の維持管理のために管理組合を設立します。日常の管理については管理組合の理事会が主導し、重要な事柄については総会で決定します。しかしながら不動産の管理については専門的な知識やノウハウが必要となるので通常は管理組合がマンション管理会社に業務を委託します。マンション管理会社の選定に当たっては複数のマンション管理会社から相見積もりを徴収したうえで決定します。マンション管理会社では住民から毎月の管理費や修繕積立金の徴収を行うと同時に共用部の維持管理のための清掃や設備の点検を行うと同時に不具合箇所の修理を行うことによって建物の価値を下げないような取り組みを行わなければなりません。

契約期間の到達に応じて評価をすることが重要

分譲マンションの管理において一旦マンション管理会社を決定するとそのまま契約期間が終了しても継続するケースが多くなっておりますが、契約期間中の業者の評価を理事会で行うことが大事です。マンションの価値は維持管理によって大きく変わることが考えられます。建物や設備を点検することによって大きなトラブルを未然に防ぐことができます。大きなトラブルが発生すると修理をすることは可能ですが、それだけマンションの価値が下落することは否めません。マンション管理会社の業務はその会社から派遣されている管理人の資質にもよるところが大きいので、場合によっては管理人の交替を要請することで業務の改善を図ったうえでそれでもダメな場合にはマンション管理会社を替えなければなりません。