real estate

管理をお手伝い

マンション管理会社は儲かるビジネスの一つと業界はとらえています。

building

マンション管理会社というのは、マンションの管理をするものでいわゆるマンション管理組合のお手伝いをするという役割の会社です。マンションの管理については、組合員が多数いること、日常はなかなか日程の調整がつかず、理事会を開くにしても土日などの休日しか設定できず、そのために土日に仕事が発生すること、多くの組合員の要望を聞く必要があり手間がかかることなどから儲かるビジネスという風にはとらえられてこなかったのですが、不況の影響もあり最近はそれなりにビジネスとして収益が上がるととらえられています。マンション管理会社として管理費をマンション管理組合が集めるなかから委託などで毎月という形で収入が確実に見込めるという大きなメリットがあります。さらに、修繕、大規模改修などの工事の設計や施工に係ることで建築工事等を受注できる可能性が高いというメリットもあるのです。

管理会社は仕事を取りたがっているので競争させればよいのです。

マンション管理会社は儲かるビジネスということが業界では認識されてきたことから、マンション管理会社はできれば今の管理会社を変えて新たに契約を自分たちの会社としてほしいと思っているところが数多くあるという市場になってきているのです。従って、発注者であるマンション管理組合は条件がよい、仕事がしっかりできるマンション管理会社を選べる買い手市場となっているのです。ですから、複数のマンション管理会社から必ず見積もりをとり、対応してほしいことはきちんとリストアップをして、それらに本当に対応でき、かつ、コストも割安な会社選びをすることができるのです。マンション管理会社同士で競争をさせることでマンション管理のコストが低減できる、そういう時代になったのです。マンション管理組合はこうした状況を踏まえ、マンション管理会社の選択をすべきなのです。