real estate

毎月かかる費用

管理料は値下げできます

nice house

マンションに住んでいると管理料と修繕積立金が毎月かかります。修繕積立金とはいずれやってくる大規模修繕に備えた資金を貯めておくために毎月少しずつ積み立てようというものです。一方、管理料については、日常管理をマンション管理会社に委託していることによって発生する費用です。この管理料についてはさまざまなサービスが含まれています。1つずつ見直すことによって月々の管理料を大きく削減することができます。但し、単にマンション管理会社に値下げを要求してもなかなか受けいられるものではありません。しっかりと根拠を示して、なぜそれだけの値下げが可能としているのかを主張しましょう。なお、交渉は理事会が行うことが一般的です。

サービスを確認しよう

特に新築マンションを購入した際にはマンション管理会社は、その購入したマンションを販売したディベロッパーの子会社であることが多いです。つまり、マンションディベロッパーは子会社を通じてマンションを販売した後もしっかりと収益を上げようと計画をしているわけです。そのため、他のマンション管理会社に見積もりを取った時に、現在の管理料よりも安くなっているケースがあります。但し、相見積をとった時には、価格が安くなったことだけに喜ぶのではなく、その内容を確認しておきましょう。値下げした分、一部のサービスが省かれているケースもあります。そのサービスが住人にとって必要かそうではないかという視点でチェックすることが重要です。